So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

カメラ自慢 [旅行]

デジカメ買い換えました。

今年6月に出たばかりの,
cyber-shot/DSC-RX100M3(SONY

それまでは
FinePix4700-Z
Finepix F100fd

FUJIFILMのばかりを使っていましたが
今回は SONY に。

何が良いかって・・・

オート(プレミアムオート)が賢い
狙ってシャッター押すだけで カメラが判断して
最適な条件で,情感あふれる美しい写真,感動的な写真をとってくれます。
F1.8~ なので 明るい。夜もヒトの目で見えた通りに撮れます。
レンズも24㎜~ なので ワイドに撮れます。

ベネチアの写真で その実力が遺憾なく発揮されましたので
その一端をごらんください。
残念ながら ブログ用に サイズを小さくしてありますが。

夜の写真は 三脚なしで,すべて手持ち。
歩きながら写しているのもあります。
歩くヒトの動きが写るほど,シャッタースピードは遅いのに,
景色は揺れていません。
カメラが勝手にシャッターを4,5回押しているような感じ。
いったい,どんな仕組みになっているのでしょう?

DSC01280.JPG

DSC01285.JPG

DSC01287.JPG

DSC01296.JPG

DSC01299.JPG 

DSC01298.JPG 

DSC01301.JPG 

DSC01306.JPG 

DSC01308.JPG 

DSC01310.JPG 

DSC01319.JPG 

DSC01323.JPG 

dDSC01316.JPG

 


クルーズ 8日目 ベネチア下船 [旅行]

8月23日 ベネチアに戻ってきました。

朝の入港風景もまた格別

DSC01160.JPG 

DSC01166.JPG 

DSC01178.JPG 

 でもベネチアは曇り空。肌寒くて,雨でした。

下船後 ドゥカーレ宮殿を見学。 

DSC01196.JPG

DSC01201.JPG

DSC01203.JPG 

DSC01204.JPG 

DSC01209.JPG 

DSC01225.JPG 

DSC01234.JPG 

DSC01235.JPG 

向こうに見えるのはサンマルコ寺院。内部撮影は禁止。 

昼食後リアルト橋まで 散策。 

DSC01241.JPG

いかにも ベネチアらしい風景。
これ↓ 私がとった写真ですよ(笑)

DSC01246.JPG 

夕方には 雨があがりました。サンマルコ広場 

DSC01258.JPG 


クルーズ 7日目 ドブログニク [旅行]

8月22日朝 クロアチアのドブログニクに入港。

DSC01024.JPG 

DSC01033.JPG

DSC01039.JPG 

Dubrovnikは「アドリア海の真珠」と呼ばれる城壁で囲まれた美しい街。 
まずは,ケーブルカーでスルジ山(標高412メートル)山頂の展望台へ。 

DSC01043.JPG

DSC01050.JPG 

DSC01056.JPG 

↑山頂からの景色です↓ 天気がよくて 海も街もすごく綺麗。
誰が撮っても 絵はがきのような写真になります。 

DSC01058.JPG 

旧市街に降りてきました。
DSC01078.JPG 

DSC01080.JPG 

DSC01088.JPG 

DSC01097.JPG 
旧市街からスルジ山を見上げました。

DSC01104.JPG 

 ↑ フランシスコ会修道院 ↓ 修道院内のクロアチア最古の薬局 

DSC01103.JPG 

街を囲む城壁に登り 

DSC01107.JPG 

城壁の上をあるきながら 旧市街の眺めを堪能しました 

DSC01117.JPG 

DSC01119.JPG 

DSC01126.JPG 

DSC01127.JPG 

DSC01131.JPG 

DSC01143.JPG

 

 


クルーズ 6日目 その2 船の食事 [旅行]

MSCプレチオーサの食事についてご紹介しましょう。

メインレストランあるいはビュッフェでいただく朝昼晩の食事の代金は
すべてクルーズ代金に含まれています。
飲み物は,ミネラルウォーターからアルコール類まで,基本的に有料ですが
ビュッフェでは,コーヒー紅茶(湯),水,氷の無料サーバーがあります。

別に有料のレストランがありましたが 
無料のところだけで 十分美味しかったので 
行きませんでした。 

基本的に料理はイタリアン。
レストランで パスタ(粉もの)を頼むなら
ニョッキかリゾットがおすすめ。
スパゲッティは,大量に作るので やや のび気味(アルデンテではない)。

ビュッフェのピザは最高。
その場で 生地を広げて,チーズを乗せて焼いている。
出来たて熱々をとれば,それだけで十分なご飯になります。
(写真取り忘れた)

イタリアンに飽きたとき用にカップ麺
赤いきつねと 緑のたぬき を 持って行ったですが,
出番なし。
荷物になるからと,6日目のお昼に,お湯もらって
食べたのですが,その後すぐに,ピザ食べに行っちゃった(笑)

では,レストランでの料理の写真,何枚か 並べます。

まずは前菜から
DSC00720.JPG

DSC00537.JPG 

DSC00705.JPG 
結構美味しかった チーズのフライ・・・チェコの名物か 

次にパスタ,
DSC00541.JPG 

DSC00604.JPG 

DSC00605.JPG 

メインの肉料理, 魚料理

DSC00542.JPG 

DSC00543.JPG 

DSC00615.JPG 

そして デザート 

DSC00621.JPG 

ごちそうさまでした! 

 


クルーズ6日目 終日航海 船での生活 [旅行]

8月21日,トルコのイスタンブールからクロアチアのドブログニクまで,
今日はどこの港にもよらない終日航海日。

ここで乗船した船のことをご紹介しましょう。

名 前:MSC PREZIOSA (プレチオーサ)

トン数: 13万9400トン
全 長:333.3メートル 
  幅  :37.92メートル
高 さ:67.69メートル
デッキ数: 18階(客室 14階)
最大速度:32.75ノット

乗客定員:3,502人
乗務員:1,388人
キャビン数:1,751室

建造年:2013年
そう 昨年できたばかりの最新のクルーズ船です。

まず,外観はこんな感じ・・・カタコロン港にて
まるで14階建てのマンションみたい
DSC00701.JPG

近くに寄って,乗船するときはこんな感じ・・・見上げるよう
DSC00704.JPG 

プールのあるデッキ・・・向こうにベネチアの街が見えます
DSC00388.JPG 

サファリラウンジ
DSC00457.JPG

 ラウンジ2
DSC00451.JPG

ラウンジ3
DSC00445.JPG

船の中心,アトリウム
吹き抜けのエレベーターとスワロフスキークリスタル
敷きつめられた階段
DSC00490.JPG


DSC00436.JPG

トレーニングルーム・・・15階の船の先頭にあるので
ランニングマシンは海に向かって走っているみたいです。
但し,利用希望者が多いので,一人1台20分まで。
入室前に
「何が起きても自己責任,絶対に文句を言いません」
という誓約書を書かされました。
DSC00427 (1).JPG

毎晩ショーが行われるシアター,歌も踊りも,演奏も
結構レベル高し。
DSC00472.JPG 

そしてこれが,客室(バルコニー付きというタイプ)
1週間分の服や靴などが入るクローゼットシャワー付き
手前にはテレビボードソファーもありました。
但し,日本語放送はなし。
DSC00533.JPG

バルコニーがあって,
外は大海原,開放感抜群で,狭さは感じませんでした。

DSC00534 (1).JPG


クルーズ5日目-その2 イスタンブール市内観光 [旅行]

8月20日 今日は,午前・午後とイスタンブールの市内観光

まずは アヤ・ソフォアを外から眺め
DSC00893.JPG

その後ブルー・モスクの拝観の行列に並び
DSC00897.JPG 

ベールの代わりに風呂敷をかぶって中に入りました。
DSC00922.JPG

グランバザールで買い物三昧
DSC00941.JPG 

金細工の店
DSC00942.JPG 

お皿やお盆の店
DSC00944.JPG 

ランプや灯りの店
DSC00947.JPG

香辛料の店
DSC00950.JPG 

など,ペルシャの市場とかアラビアンナイトの世界。

トプカプ宮殿で財宝の展示にため息をつき,
DSC00975.JPG

宮殿からの景色を楽しみ
DSC00962.JPG
 

宮殿内のレストランで,トルコ料理
これは メインのドネルケバブ。
DSC00960.JPG 

これまでの「遠足」では,朝出て14時頃までには船に戻り
お昼は船のレストランだったのですが,
イスタンブールでははじめて終日観光・・・外で昼食を食べました。 


クルーズ5日目-その1 イスタンブール入港 [旅行]

8月20日 早朝 トルコイスタンブール入港
海からイスタンブールへ入る景色を見ること(だけ)をこのツアーの最大の目的として
参加された方もいらっしゃいました。それほどすばらしい景色です。
まずは,その入港風景を お届けします。

DSC00840.JPG 
カメラをもって沢山の人がデッキに集まっています。 

DSC00846.JPG 
東側の朝日

DSC00849.JPG

西側 朝日に照らされたイスタンブールの街が,
だんだん近づいて来ます。 

DSC00853.JPG 

DSC00854.JPG 

DSC00858.JPG 

DSC00856.JPG

DSC00889.JPG 


クルーズ 4日目 エフェソス [旅行]

8月18日朝 トルコのイズミール港に到着

DSC00731.JPG 

 EPHESUS の古代ローマ都市の遺跡観光
紀元前10世紀ころから人々が定住
紀元前2世紀頃が最盛期

DSC00763.JPG 

DSC00772.JPG 

DSC00782.JPG 

商人の館 床のモザイク ↑

DSC00792.JPG 

映画テルマエ・ロマエにも出てきた トイレ ↑

DSC00800.JPG 

これが セルシウス図書館↑ アレキサンドリア図書館,ペルガモ図書館と並んで
世界の三大図書館と言われています。 

DSC00823.JPG 

DSC00830.JPG 

 DSC00832.JPG 

 円形の大劇場。25,000人収容とか。
当時の人口はこの劇場の大きさから考えて
(収容人数の10倍)25万人と推測されています。


クルーズ 3日目 オリンピア [旅行]

8月17日 早朝 ギリシャのペロポネソス半島,カタコロンの港にはいりました。

DSC00622.JPG 

DSC00627.JPG 

世界遺産OLYMPIA遺跡観光

オリンピック競技発症の地。紀元前8世紀頃から,
ゼウス神に捧げるため定期的にスポーツ競技会が開かれていたそうです。
トレーニング会場もありました。

近代オリンピック(ベルリン大会から)で,現在でも
オリンピックの聖火の採火が行われるところです。

DSC00637.JPG 

DSC00644.JPG 

DSC00646.JPG 

ここが 採火壇 ↓ 
古代衣装を着た女性が毎回儀式を行っていますよね

DSC00662.JPG 

競技場 入り口(入場門) 

DSC00666.JPG 

DSC00680.JPG 

広ーーーい競技場,観客は芝生に座る。もちろん,選手も観客も男性のみ。 


クルーズ2日目 アルベロベッロ [旅行]

8月17日 朝 タリアのBARIの港に入り,
世界遺産 ALBEROBELLO へ。
とんがり屋根の家,トゥルッリが立ち並ぶ古い町を散策。

DSC00551.JPG

DSC00558.JPG 

DSC00566.JPG 

DSC00597.JPG 

 


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。